MENU

【コーヒーに熱湯はNG!】コーヒードリップは85℃が適温

※記事内に広告を含む場合があります

こんにちは、コーヒー好きのハンドメイド作家のあやたそです。

コーヒーインストラクターであるパパ氏に習って「コーヒードリップ」の練習してるときに、1つ助言をもらいました。

「実は、コーヒーに熱湯は良くない」

今まで何度も沸騰したてのお湯を使ってたので、これにはビックリ!

ハンドメイド作家あやたそ

結論から申し上げると、基本的には85℃のお湯がいいんだって♪

とはいえ、豆に合わせて変える必要もあるそうなので、そこら辺も解説します!

目次

そもそも、コーヒーに熱湯は何でダメ?

コーヒーに熱湯は当たり前って思ってたから、熱湯が悪いことにビックリ!だってコーヒーって熱々のイメージないですか?私だけ?

という事で、もうすこし深く聞いてみた~!

ハンドメイド作家あやたそ

思ってたより複雑な内容だったけど、なるべく分かり易くまとめてみました。

基本は85℃だけど、浅煎りや深煎りで温度を変える

基本の温度は85℃がいいけど、コーヒーの焙煎が浅煎りか深煎りかで温度は変更した方がいいみたい。

パパ氏に聞いてみたけど、内容がなかなか難しいぞ…。

ハンドメイド作家あやたそ

ここも思ってたより難しい話しだったけど、なるべく分かり易くまとめてみました。

ポイントは細胞!

「え、細胞?」って感じだけど、説明するね!

ハンドメイド作家あやたそ

味を感じない、薄いときは温度を上げて、雑味を感じたときは温度を下げて調整するといいそうです♪

でも「温度の調整」って、どうするの?

温度を下げたほうがいい理由はわかったけど、「じゃあどうやって温度を下げるの?」と思うよね~。

  • 温度管理できるケトル
  • 自分で調整する

かる~く説明するね♪

温度管理できる!山善の電気ケトル

ハンドメイド作家あやたそ

お湯を注ぎやすい、オシャレ、なのにかなり安い!といった理由で、パパ氏はコレを使ってます!わたしもいつか使わせてもらうんだぁ~♪

お湯の温度を計る

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥1,330 (2024/06/11 23:22時点 | 楽天市場調べ)
ハンドメイド作家あやたそ

ちなみに温度調整つきのドリップポットを買う前までは、温度計で小まめに計ったりしてましたが、とても面倒そうでした。

道具を買い足さなくても良い方法

私はまだ道具に頼りたくないという謎のポリシーがあったりします。ゆっくりと成長していきたいんですよねぇ~。

温度管理できる道具がない場合は、とりあえず温度をすこし冷ますだけでも良いんだって!

例えば私の場合、ドリップは計量カップでやってるんだけど。熱々のお湯を計量カップに入れたあと、そのお湯をコップへ入れて、また計量カップへ注ぐ。これを何回かすると温度がおちつくから、これだけでもやった方が良いとのこと!

ハンドメイド作家あやたそ

コーヒーを淹れるお湯の温度にもチョット気をつけて、これからもドリップコーヒー楽しも~♪

インスタでも配信してるよ~♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次